本明記念賞の授与

 前年に発行された『健康心理学研究』(Vol.29より,Journal of Health Psychology Researchに改称)からもっとも優れた論文が選出され、著者には本明記念賞が年次大会において授与されます。

過去の受賞者一覧

年度受賞者論文題目
1997年度嶋田洋徳
岡安孝弘
坂野雄二
児童の心理的ストレスと学習意欲との関連
1997年度戸ケ崎泰子
坂野雄二
オプティミストは健康か?
1997年度鈴木平
春木豊
怒りと循環器系疾患の関連性の検討
1998年度大木桃代
福原俊一
日本人の医療行為に関する情報希求度の測定
1999年度兵藤好美
田中宏二
田中共子
エイジングストレス・サポートモデルによる高齢者の精神健康に関する実証的研究
2000年度長谷川洋子
橋本宰
佐藤豪
対人関係における基本的構えが摂食障害傾向およびボディイメージのゆがみに与える影響
2001年度福島明子Underlying Psychological Benefits of the Festival,Takachiho-yokagura
2002年度大森美香Psychological predictors health-endangering Behaviors during the transitions to adulthood
2003年度渡辺俊太郎
小玉正博
The role of anger lengthiness in the relationship between anger and physiological responses in Japan college students
2004年度馬場天信
佐藤豪
門地里絵
鈴木直人
感情喚起刺激に対するアレキシサイミアの精神生理学的反応
2005年度細越寛樹
小玉正博
Examination of defensive pessimism in Japanese college students: Reliability and validity of the Japanese version of the Defensive Pessimism Questionnaire
2006年度伊藤正哉
小玉正博
自分らしくある感覚(本来感)とストレス反応、およびその対処行動との関係
2007年度隈部知更日本人の死生観に関する心理学的基礎研究 -死への態度に影響を及ぼす4要因についての分析-
2008年度伊藤暁子
竹内美香
鈴木晶夫
幼少期の食事経験が青年期の食習慣および親子関係に及ぼす影響
2009年度橋本空
織田正美
大学生における攻撃性とQOLの関連性
2010年度神庭直子
松田与理子
柴田恵子
石川利江
成人アトピー性皮膚炎患者の望むソーシャルサポート-サポート源別の構造の検討とサポートの有益性の評価に影響を及ぼす要因について-
2011年度手塚洋介
福田美紀
鈴木直人
状況の再評価がネガティブ感情の持続と反復体験に及ぼす影響
2012年度尼崎光洋
森 和代
Approachを用いた大学生のコンドーム使用行動の検討健康心理学研究
2013年度飯尾美沙
前場康介
島崎崇史
大矢幸弘
竹中晃二
気管支喘息患児の長期管理に対する保護者用セルフ・エフィカシー尺度の開発
2014年度島崎 崇史
前場康介
飯尾美沙
竹中晃二
吉川政夫
健康行動変容を目的とした情報媒体の受け入れやすさ・有用性が媒体の閲読行動,健康行動実施に対するセルフエフィカシー,および意図に与える影響
2015年度大竹恵子非喫煙者の受動喫煙対処行動による喫煙獲得「前熟考期」のステージ細分類
Copyright (c) 2013 The Japanese Association of Health Psychology All Rights Reserved.