いざ!岡山へ!!-岡山大会の魅力-

11月18日掲載 NEW

10月31日掲載

10月11日掲載

9月23日掲載

9月9日掲載

8月25日掲載

8月1日掲載

7月20日掲載

7月11日掲載

6月20日掲載

6月13日掲載

5月20日掲載

5月12日掲載

4月20日掲載

4月11日掲載

3月24日掲載

3月3日掲載

2月24日掲載

2月4日掲載

11月18日掲載

大会準備委員会より/大会プログラム記載の誤りについて①(研究発表者の皆様へ:発表用PC)

 大会プログラム(P.11)に、「プレゼンテーション機器」についての記載がありますが、重要な訂正点がございます。直前のご連絡となってしまい、大変申し訳ありません。

【訂正前】
 会場には、パソコン、プロジェクター、スクリーンが設置されています。プレゼン…

【訂正後】
 会場には、プロジェクター、スクリーンが設置されていますが、パソコンはございません。
 パソコンにつきましては発表者各自でご持参ください。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/大会プログラム記載の誤りについて②(禁煙支援士)

 大会プログラムにおいて、「禁煙支援士」(P.6, P.58)に関する記述に誤りがありました。
訂正しお詫びいたします。

【訂正前】
 禁煙心理士

【訂正後】
 禁煙支援士

 ページTOPへ

大会準備委員会より/岡山大学までの交通アクセス

 岡山大学への交通アクセスは下記のアドレスからご覧ください。
  http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/access_4.html

[JR]
  • ・岡山駅:運動公園口(西口)広場2Fタクシー乗り場から約7分
  • ・津山線「法界院」駅:徒歩約10分
[JR岡山駅→バス]
  • ・岡山駅運動公園口(西口)バスターミナル22番乗り場から【47】系統「岡山理科大学」行きに乗車
        ▼
    「岡大入口」、「岡大西門」、「福居入口」又は「岡大東門」で下車
    本線は時間帯により「岡大東門」には停車しない場合があります。なお、「岡大東門」へはキャンパス外周を廻った後に到着します。
    ※所要時間約7~10分
  • ・岡山駅後楽園口(東口)バスターミナル13番乗り場から【17】【67】系統「妙善寺」行に乗車
        ▼
    「岡大東門」、「岡大西門」または「福居入口」で下車
    ※所要時間約30分
  • ・岡山駅後楽園口(東口)バスターミナル7番乗り場から【16】系統「津高台団地・半田山ハイツ」行き、【26】系統「岡山医療センター国立病院」行き、【36】系統「辛香口」行き、【86】系統「運転免許センター」行きに乗車
        ▼
    「岡山大学筋」で下車→大学まで徒歩
    ※所要時間バス約10分 徒歩約7分
  • ・岡山空港2番乗り場から「岡山駅運動公園口(西口)」行に乗車
        ▼
    「岡山大学筋」で下車、徒歩約7分。
    ノンストップ便は「岡山駅」で下車、岡山駅からの各種交通機関を利用

 ページTOPへ

ヤングヘルスサイコロジストの会・学生グルメツアーのご案内

 本日11/18の17時から19時まで、大会前日プレ企画として、ヤングヘルスサイコロジストの会によるシンポジウム、「健康心理学の面白さ」が開催されます。また、岡大大学院生による学生グルメツアーも予定しております。早めに到着された方、到着してしまったという方は、是非、会場にお越しください。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/予約制ランチ(握り寿司)のお知らせ

大会期間中、会場に設けられた「特設屋台」にて、予約制ランチ(握り寿司)をご提供します。 岡山にある寿司・割烹料理の名店「喜怒哀楽」の板前さんが、皆様の目の前でお寿司を握ってくださいます!
当日販売もしておりますので、是非どうぞ。

【日時】
 11月19日(土):11:00~14:30
 11月20日(日):11:00~13:00

【ご提供店】
 寿司・割烹「喜怒哀楽」(http://www.kidoairaku.co.jp/

【価格・内容】
 1000円(さわら・黄にら・アナゴ・エビ・イカ・かんぱち・サーモン)
 ※ 当日の入荷状況によっては内容が異なる場合もあります。

代金は、お寿司をお受け取りの際に、お店の方に直接お支払いください

 ページTOPへ

大会準備委員会より/天気予報のお知らせ

 11/18(金)は晴れのち曇り、11/19(土)は雨、11/20(日)は晴れ時々曇りとなっています。傘を忘れずにお持ちいただけると良いかと思います。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/33/6610.html

 ページTOPへ

10月31日掲載

大会準備委員会より/プログラムWeb上での公開について(お詫び)

 プログラムのWeb上での公開ですが、10/25に正式版をアップしております。公開が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/プログラム事前発送について

 大会参加者の方に、プログラムを発送いたします。11月第2週の前半には、お手元に 届くと思います。今しばらくお待ちください。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/「国際学会で発表しよう-若手のための英語によるプレゼンテーション入門-」の事前申込について

 大会準備委員会企画ワークショップ:「国際学会で発表しよう-若手のための英語によるプレゼンテーション入門-」の事前申込についてのお知らせです。

本ワークショップに関しましては、準備の都合ため、参加ご希望の方は前もって大会HP上 のWS「申し込みフォーマット」にてお申し込みいただく形になります。ご参加お待ちして おります。

【ワークショップのご紹介】
初めて国際学会で英語で発表しようと思う若手のために、要旨の作り方、効果的なポスター・スライドの作り方、当日の上手な説明の仕方などを学びます。岡山大学大学院で、国際学会での研究発表の方法を教える演習授業を担当している講師が、そのエッセンスを伝えます。

 講師:シミッチ・ミラ・山下先生(岡山大学)
 司会:谷口弘一(長崎大学、大会準備委員)

 ページTOPへ

大会準備委員会より/打ち合わせ室の予約ができます

大会期間中、打ち合わせ用の小部屋(16番教室、18番教室、各24人収容)を必要なグループにお貸しします。委員会の会議や企画のミーティングなど、学会活動のためにご活用ください。
大会の開催時間内で、予約を受け付けます。
以下を、11月11日までに大会事務局へお知らせください。

  • グループ名
  • およその人数
  • 希望日時(あれば第二、第三希望も)

希望が重なった場合は、ご連絡の早いところを優先いたします。
なお空いた時間帯があれば、当日でもお使いいただけます。

また休憩室(19番教室)は190人収容の広い教室ですので、専用スペースでなくてよろしければ、その一角でのミーティングも可能です。

※会場の都合上「空き部屋」がございませんので、予約なしにはミーティングの場所を確保したいというご希望にお応えできない可能性がございます。会場内でミーティングをお考えの場合、上記のような方法であらかじめご連絡をいただけましたら幸いです。

 ページTOPへ

予約制ランチ(握り寿司)のお知らせ

大会期間中、会場に設けられた「特設屋台」にて、予約制ランチ(握り寿司)をご提供します。
岡山にある寿司・割烹料理の名店「喜怒哀楽」の板前さんが、皆様の目の前でお寿司を握ってくださいます!

【日時】
 11月19日(土):11:00~14:30
 11月20日(日):11:00~13:00

【ご提供店】
 寿司・割烹「喜怒哀楽」(http://www.kidoairaku.co.jp/

【価格・内容】
 1000円(さわら・黄にら・アナゴ・エビ・イカ・かんぱち・サーモン)
 ※ 当日の入荷状況によっては内容が異なる場合もあります。

購入ご希望の方は、事前に大会HP上の「予約制ランチ(握り寿司)申込フォーマット」にてご予約ください。
https://goo.gl/forms/S2yQIlW3WDFSQfa53

代金は、お寿司をお受け取りの際に、お店の方に直接お支払いください

 ページTOPへ

岡山の定番グルメ⑦/ひるぜん焼きそば

 今回は、ひるぜん焼きそばのご紹介です。
 昭和30年代、岡山県北部にある蒜山高原では、各家庭で工夫して調合したタレで焼そば、 ジンギスカンなどを食べることがブームになっていたとのこと。「ますや食堂」が発祥とも 言われているようです。
 ニンニク・玉ネギ・リンゴ等の様々な材料や調味料を調合して作った味噌だれやジンギス カンのたれに、親鶏のかしわ肉と蒜山高原産キャベツを入れて作った焼そばです。現在は、 “ひるぜん焼そば好いとん会”が結成され、全国各地でPR活動を行い、ひるぜんの味を広げられています。ひるぜんの地元の人々に長く愛された味覚。是非、お時間あるようでしたら、 岡山県北地域まで足を伸ばし、お楽しみください。

引用・参照
ひるぜん焼そば好いとん会 http://www.hiruzen.info/yakisoba/

第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

10月11日掲載

大会準備委員会より/プログラムWeb上での公開について(お詫び)

 プログラムのWeb上での公開ですが、9月末を目処にとご連絡しておりましたが、遅れてしまい、大変申し訳ありません。本日、10月11日(火)にポスター発表部分のみ、暫定版を公開いたします。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/「国際学会で発表しよう-若手のための英語によるプレゼンテーション入門-」の事前申込について

 大会準備委員会企画ワークショップ:「国際学会で発表しよう-若手のための英語によるプレゼンテーション入門-」の事前申込についてのお知らせです。

本ワークショップに関しましては、準備の都合ため、参加ご希望の方は前もって大会HP上のWS「申し込みフォーマット」にてお申し込みいただく形になります。
事前申込の受付は、プログラムweb公開後からとさせていただきます。まもなくです!

【ワークショップのご紹介】
初めて国際学会で英語で発表しようと思う若手のために、要旨の作り方、効果的なポスター・スライドの作り方、当日の上手な説明の仕方などを学びます。岡山大学大学院で、国際学会での研究発表の方法を教える演習授業を担当している講師が、そのエッセンスを伝えます。

 講師:シミッチ・ミラ・山下先生(岡山大学)
 司会:谷口弘一(長崎大学、大会準備委員)

 ページTOPへ

岡山大会企画のご紹介/各種委員会企画のご紹介(2)

 岡山大会での各種委員会企画を数回に分けてご紹介いたします。今回は、第2弾です。

◎記念出版委員会
「公認心理師の社会的役割とその養成ー国家資格による心理学の社会貢献の充実をめざして」

 昨秋の公認心理師法案の成立を受けて、「保健医療・福祉領域で働く心理職のための法律と倫理」が8月に刊行されました。本シンポジウムは、今後の課題として重要なものになるであろう公認心理師養成における今後の課題や、そこで求められるスタンダードな内容と将来の社会的役割、および、職業倫理などの課題について、話題提供いただきます。
心理職が果たすべき社会的役割と、それを果たすべき専門家に必要なコンピテンスは何なのか、どのように養成するべきなのかについて、みなさんとともに理解を深めたいと思います。

◎研修委員会
「地域の小中学校全校にストレスマネジメント教育を―成果報告から課題まで」

 公立の小中学校で、ストレスマネジメント教育を行なう試みは、阪神淡路大震災以来小規模ながら発展しております。近年ではいじめや不登校などの問題が発生するのを予防するための心理教育として効果が期待されています。
 今回は、2015年3月に大阪市東淀川区が区内全小中学校児童を対象とした「子どものストレスマネジメント教育事業」について、事業概要を説明いただくとともに担当された講師の方から授業内容、注力点、問題点等をご紹介いただきます。

◎研究推進委員会
2015年度研究部会の成果発表 健康心理学の研究推進を目指して

 研究部会の学会時の報告は、ポスター発表となります。研究部会のポスター発表をご覧いただき、研究部会の先生方と十分に情報交換をしていただく機会としていただければ幸いです。

  • 「国民の身体活動増進を考える」研究部会(代表 文化学園大学 安永明智 氏)
  • 「子どもと大人の発達支援」研究部会(代表 順天堂大学 山蔦圭輔 氏)
  • 「不登校児童生徒に対する感覚的アプローチを用いた支援」研究部会
      (代表 作新学院大学 福島明子 氏)
  • 「学校発達保健」研究部会(代表 名古屋学芸大学 今井正司 氏)

 ページTOPへ

「健康心理学が学べる大学院」情報提供のお願い

健康心理学に関する研究や学習をして、修士や博士の学位を取得したい方と、広く新入生を求める大学院の方々とをつなぐ、「大学院情報コーナー」を設けます。

紹介したい大学院の説明冊子や受験案内があれば、11月11日(金)までに、下記へ郵送、または当日持参をお願いします。
年次大会会場に、自由にみられる展示コーナーを作ります。
資料には関連個所に付箋をつけたり下線を引いたり、説明を加えたりしてくださって結構です。

大会においでになった方は、資料を手に取ってご覧ください。
関係者に会って、直接気になることをお尋ねいただくこともできるでしょう。
大学院進学を具体化する手がかりとして、ご活用いただければ幸いです。

郵送先:
〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1
岡山大学社会文化科学研究科 田中共子研究室(日本健康心理学会第29回大会)

 ページTOPへ

大会準備委員会より/打ち合わせ室の予約ができます

大会期間中、打ち合わせ用の小部屋(16番教室、18番教室、各24人収容)を必要なグループにお貸しします。委員会の会議や企画のミーティングなど、学会活動のためにご活用ください。
大会の開催時間内で、予約を受け付けます。
以下を、11月11日までに大会事務局へお知らせください。

  • グループ名
  • およその人数
  • 希望日時(あれば第二、第三希望も)

希望が重なった場合は、ご連絡の早いところを優先いたします。
なお空いた時間帯があれば、当日でもお使いいただけます。

また休憩室(19番教室)は190人収容の広い教室ですので、専用スペースでなくてよろしければ、その一角でのミーティングも可能です。

※会場の都合上「空き部屋」がございませんので、予約なしにはミーティングの場所を確保したいというご希望にお応えできない可能性がございます。会場内でミーティングをお考えの場合、上記のような方法であらかじめご連絡をいただけましたら幸いです。

 ページTOPへ

予約制ランチ(握り寿司)のお知らせ

大会期間中、会場に設けられた「特設屋台」にて、予約制ランチ(握り寿司)をご提供します。
岡山にある寿司・割烹料理の名店「喜怒哀楽」の板前さんが、皆様の目の前でお寿司を握ってくださいます!

【日時】
 11月19日(土):11:00~14:30
 11月20日(日):11:00~13:00

【ご提供店】
 寿司・割烹「喜怒哀楽」(http://www.kidoairaku.co.jp/

【価格・内容】
 1000円(さわら・黄にら・アナゴ・エビ・イカ・かんぱち・サーモン)
 ※ 当日の入荷状況によっては内容が異なる場合もあります。

購入ご希望の方は、事前に大会HP上の「予約制ランチ(握り寿司)申込フォーマット」にてご予約ください。
http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

代金は、お寿司をお受け取りの際に、お店の方に直接お支払いください

 ページTOPへ

岡山の定番グルメ⑥/津山ホルモンうどん

 今回は、津山ホルモンうどんのご紹介です。
 705年、津山で牛馬の市が開かれたとの記録が残っており、津山地域は古くから牛馬の流通拠点であったとのこと。明治12年に当時の陸軍がまとめた全国主要物産に、東南条郡川崎村(現在の津山市川崎)の牛肉として掲載され、津山の牛肉は全国的に有名であったようです。
 ホルモンは、「ビタミン・ミネラル」などの栄養がとっても豊富で、変化に富んだ味わいと食感が魅力のお肉で、ホルモンから出る独特な旨味がうどんと絡み合い、さらに深みのあるタレとベストマッチしているのが、津山のホルモンうどん。B-1グランプリでもおなじみです。
 是非、お時間あるようでしたら、岡山県北地域まで足を伸ばし、お楽しみください。

引用・参照
津山ホルモンうどん研究会 http://tsuyama-horumonudon.com/

第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

9月23日掲載

大会準備委員会より/プログラムWeb上での公開について

 プログラムのWeb上での公開は、9月末頃を予定しておりますので、今しばらくお待ちください。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/予約制ランチ(握り寿司)のお知らせ

 大会期間中、会場に設けられた「特設屋台」にて、予約制ランチ(握り寿司)をご提供します。岡山にある寿司・割烹料理の名店「喜怒哀楽」の板前さんが、皆様の目の前でお寿司を握ってくださいます!

【日時】
 11月19日(土):11:00~14:30
 11月20日(日):11:00~13:00

【ご提供店】
 寿司・割烹「喜怒哀楽」(http://www.kidoairaku.co.jp/

【価格・内容】
 1000円(さわら・黄にら・アナゴ・エビ・イカ・かんぱち・サーモン)
 ※ 当日の入荷状況によっては内容が異なる場合もあります。

購入ご希望の方は、事前に大会HP上の「予約制ランチ(握り寿司)申込フォーマット」にてご予約ください。
https://goo.gl/forms/S2yQIlW3WDFSQfa53


代金は、お寿司をお受け取りの際に、お店の方に直接お支払いください。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/ワークショップからのお知らせ

  大会準備委員会企画ワークショップ:「国際学会で発表しよう-若手のための英語によるプレゼンテーション入門-」の事前申込についてのお知らせです。

本ワークショップに関しましては、準備の都合ため、参加ご希望の方は前もって大会HP上のWS「申し込みフォーマット」にてお申し込みいただく形になります。
事前申込の受付は、プログラムweb公開後からとさせていただきます。もうまもなくです!

【ワークショップのご紹介】
初めて国際学会で英語で発表しようと思う若手のために、要旨の作り方、効果的なポスター・スライドの作り方、当日の上手な説明の仕方などを学びます。岡山大学大学院で、国際学会での研究発表の方法を教える演習授業を担当している講師が、そのエッセンスを伝えます。

 講師:シミッチ・ミラ・山下先生(岡山大学)
 司会:谷口弘一(長崎大学、大会準備委員)

 ページTOPへ

岡山の定番グルメ⑤/下津井のタコ

 
 今回は、下津井のタコのご紹介です。
全国的に有名である「下津井ダコ」は、瀬戸大橋の麓、倉敷市下津井沖で水揚げされるタコのことです。特にこれからの時期、秋から冬のタコは「寒ダコ」と呼ばれて、一年の中で最も身が締まり、旨味が凝縮されていると言われます。皆様が岡山にいらっしゃる11月は、下津井地区でのタコ漁の最盛期です。タコを選ぶ時は、足が短く、太いものを選ぶのがおすすめとのこと。機会があれば是非、味わっていただきたい1品です。

引用・参照
おかやま旅ネット http://www.okayama-kanko.jp/sakana/pickup_2/

 第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

9月9日掲載

大会準備委員会より/事前参加申込期限について

 事前参加申し込みの締め切りは、本日9月9日(金)となっております。講演、シンポジウム、各種研修会を予定しております。また、事前参加申込をいただきますと参加費も少々リーズナブルになります。是非、間に合うよう、急いでお申し込みください。
みなさまのご参加を、心よりお待ちしています
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

費用 会員・非会員等の種別 事前申込
(9/16まで)
当日
(9/17以降)
大会参加費 会員・準会員(院生を含む)・賛助会員 6,000円 7,000円
学生会員(学部生)  500円 1,000円
非会員(院生を含む) 7,000円 8,000円
非会員(学部生) - 1,000円
懇親会費 一般(会員、非会員とも) 4,000円 5,000円
院生・学部生 2,000円 3,000円
発表論文集CD代 3,000円 4,000円
  • 注1:参加費には論文集CD代は含まれていません。また、冊子体の論文集は作成いたしませんのでご了承ください。
  • 注2:本大会では昼食の予約販売を検討中です。決定次第HPでお知らせします。なお、学内の食堂も営業しています。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/事前参加者参加費払い込み締め切りについて

 事前参加申し込みの締め切りは、9月16日(金)となっております。参加費の払い込みをよろしくお願いいたします。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/プログラム編成・発送について

 大会発表およびシンポジウムにつきまして、多数の申し込みをありがとうございました。本大会におきましては、個人発表および会員企画シンポジウムに関して、発表日の「希望」を受け付けることはいたしておりません。ご了承ください。個別にやむを得ない事情がある場合、ご相談いただくことは可能ですが、プログラム編成作業の都合上、ご希望に沿えない場合もございます。あらかじめご了解のほど、お願い申し上げます。
 また、プログラムの発送につきましては、10月下旬を予定しております。Web上での公開は、当初9月中旬を予定しておりましたが、各種申込期間の再延長等、諸般の事情により、9月末となりました。誠に申し訳ありませんが、ご理解をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 発表論文集CDの送付について、購入予約をいただいた方には事前に送付いたします。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/ポスター発表賞について

 ポスター発表賞は、すでにお知らせしておりますように、39歳以下の主発表者(筆頭発表者)を選考対象とします。選考手続き等の詳細を定め、HPに掲載しておりますのでご確認ください。

ポイントとして、

  • 大会に参加した常任理事、理事、編集委員が、優秀と認められる発表を3件まで投票します。
  • 得票数の多かった順に、原則として上位3名が、受賞者として選定されます。
  • 受賞者は理事長名で表彰されるとともに、機関誌への投稿が推奨され、査読に際し一定の優遇措置が与えられます。
 選考対象となっている筆頭発表者の方は、どうぞ楽しみにお待ちください。

 ページTOPへ

大会準備委員会より/ワークショップからのお知らせ

大会準備委員会企画ワークショップ:「国際学会で発表しよう-若手のための英語によるプレゼンテーション入門-(仮題)」の事前申し込みについてのお知らせです。

本年は、横浜にてACHP、ICPが開催されました。日本健康心理学会としても、皆さまの意欲を後押しして、国際学会での発表につながるよう少しでも支援できればと考えております。

本ワークショップに関しましては、準備の都合ため、参加ご希望の方は前もって大会HP上のWS「申し込みフォーマット」にてお申し込みいただく形になります。事前申し込みの受付は、プログラムweb公開後からとさせていただきます。

【ワークショップのご紹介】
初めて国際学会で英語で発表しようと思う若手のために、要旨の作り方、効果的なポスター・スライドの作り方、当日の上手な説明の仕方などを学びます。岡山大学大学院で、国際学会での研究発表の方法を教える演習授業を担当している講師が、そのエッセンスを伝えます。
 講師:シミッチ・ミラ・山下先生(岡山大学)
 司会:谷口弘一(長崎大学、大会準備委員)

 ページTOPへ

岡山の定番グルメ④/日生の海鮮丼

 
 今回は、岡山名物のひとつ、日生の海鮮丼のご紹介です。
 日生は、岡山県の南東部に位置し、兵庫県境と接した地、瀬戸内海に面した地にあります。もとは日生町でしたが2005年に合併し、現在は備前市に含まれています。漁業の地、「五味の市」が開催される場所として知られ、岡山県内及び京阪神からのお客様で賑わっているところです。近年はカキ養殖が盛んなことを活かして郷土料理「カキオコ」を打ち出して、町おこしに力を入れています。
 そこでオススメしたいのが「日生の海鮮丼」。海の幸が豊富で、季節折々の魚が楽しめます。機会があれば是非、味わっていただきたい1品です。

引用・参照
日生町漁業協同組合 http://www.hinase.net/shioji.html
おかやま旅ネット http://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=6900&sel_data_kbn=0

 第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

8月25日掲載

大会準備委員会からのお知らせ/事前参加申し込み締め切りについて

 事前参加申し込みの締め切りは9月9日(金)となっております。講演、シンポジウム、 各種研修会を予定しておりますので、是非みなさまのご参加を心よりお待ちしています。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

 ページTOPへ

岡山大会企画のご紹介/各種委員会企画のご紹介(1)

 岡山大会での各種委員会企画を、数回に分けてご紹介いたします。今回は、第1弾です。

◎広報委員会企画

一般公開シンポジウム
 「メンタルヘルスが壊れる前に適切に予防を行う―健康心理学の予防的知見を現場に―」

 本公開シンポジウム開催の目的は、現在、我が国において深刻さを増しているメンタルヘルス問題に対して、健康心理学研究の経験と知見を活かしながら、職域・地域・学校における『一次予防の具体的方策』を示すことです。通常、職域、地域、学校において、メンタルヘルス問題を抱える人たちは、問題を表面化させ、周囲がそのことに気づいた段階で、すでに「深み」にはまっており、 彼らは心療内科など医療領域における三次予防の対象者となっていました。本公開シンポジウムでは、一次予防の貢献を強調し、中小企業の人事担当者、中小企業を監督する立場にある自治体の職員、教育委員会委員、学校教員、児童相談所職員などメンタルヘルス問題に関わって働いている人々を対象にし、具体的で実現可能な方策を示し、メンタルヘルス問題を予防措置の立場で議論します。

◎機関誌編集委員会企画

「日本健康心理学会における利益相反と出版倫理」

 最近になって,あらためて研究倫理に関する関心が高まっており,これに伴って機関誌編集委員会への倫理的問題の照会等が多くなってきております。そこで,特に議論になることの多い二重投稿に代表される「出版倫理」の問題や,研究遂行にあたり「利益相反」の問題に関して,日本健康心理学会の考え方を共有したいと考えております。

◎研究推進委員会

「採択される論文を書くためのリサーチデザイン」

 本ワークショップでは、Researcher Development(研究者能力開発)の一環として、特に論文採択に至るリサーチデザインの肝について、英文誌への投稿や査読経験のある研究者の経験を事例としながら、その具体的方法について学ぶための機会といたします。
 なお、この企画には「健康心理学リサーチャーデベロップメント・ワークショップ(1)」とのサブタイトルが付けられています。今後の続編も、大いに期待される企画です。

※また,前回のメールマガジンでご紹介したとおり,今大会では大会準備委員会もリサーチと関連する二つのテーマ(「発表」と「統計」)でワークショップを企画しております。

◎会期前日プログラム

ヤングヘルスサイコロジストの会によるシンポジウム「健康心理学の面白さ」

 ヤングヘルスサイコロジストの会による企画として「健康心理学の面白さ」を開催します。ヤングヘルスサイコロジストの会は、健康心理学の研究や実践を志す、若手研究者の交流の場・機会づくりを目的として設立された会です。大学院生が中心となって、若手のシンポジウムを開きますので、年齢問わず自由にご参加ください。

 日本健康心理学会第29回大会プレセミナー チラシ[PDF]
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/download.html

 ページTOPへ

岡山の定番グルメ③/鰆・ママカリ

 今回は、岡山名物のひとつ、鰆とママカリのご紹介です。
 鰆は北海道南部以南の日本各地で捕れるにもかかわらず、岡山ほど評価をする地域は他にないのではないかとも言われます。全国的には味噌づけ、塩焼きとして食べられますが、 岡山では刺身で食べる人が多いと言われます。ばらずしの具、たたき、煮物、鰆茶づけなど、岡山は鰆料理は豊富です。
 ママカリは、「ママ(御飯)をカリ(借り)に行くほどおいしい」、おかずにすると隣家にご飯を借りてくるほど美味しい、ということからママカリと呼ばれるようになったという説があります。標準和名はサッパと言われる魚です。焼く、佃煮、酢漬け、素干しなど、岡山県での調理法は多彩です。機会があれば是非、味わってみてください。

引用・参照
岡山県 http://www.pref.okayama.jp/page/detail-29698.html
岡山商工会議所 http://www.okayama-cci.or.jp/activation/sawara.html

 第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

8月1日掲載

大会準備委員会からのお知らせ/発表申し込み締め切り再延長のご案内

 発表申し込みに関する締め切りを再延長いたします。
 会員企画シンポジウムの締め切りを8月8日(月)、一般研究発表および発表論文集原稿投稿の締め切りを8月18日(木)とします。皆様からの申し込みを、心よりお待ちしています。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

 ページTOPへ

岡山大会企画のご紹介/大会準備委員会企画のご紹介

 岡山大会では、大会準備委員会企画として、下記の企画を準備していますので、改めてご紹介いたします。次号では、各種委員会企画をご紹介する予定です。

◎特別講演情報

 自分の立脚する地域(ローカル)と海外の特定の人や場所(ローカル)が直接つながれば、点と点の関係で身近かつグローバルな関わりが育まれていきます。今回、このことを体現されているAMDA(Association of Medical Doctors of Asia:本部 岡山市)の方にお越しいただき、特別講演を開催します。

【AMDAとは?】
1984年に「多様性の共存」の実現をめざし、菅波茂医師により設立された民間団体です。
2006年、国連経済社会理事会から日本のNPOとして初の「総合協議資格」を得ました。
67の国と地域で170件を超える事業を実践し、多様性の共存実現のために最も大切なコンセプト、「相互扶助」の精神を活動の軸に、世界で活動しています。
AMDA:http://amda.or.jp/gpsp.html

◎大会準備委員会企画①

ワークショップ:国際学会で発表しよう-若手のための英語によるプレゼンテーション入門-(仮題)
 初めて国際学会で英語で発表しようと思う若手のために、要旨の作り方、効果的なポスター・スライドの作り方、当日の上手な説明の仕方などを学びます。岡山大学大学院で、国際学会での研究発表の方法を教える演習授業を担当している講師が、そのエッセンスを伝えます。

 講師:シミッチ・ミラ・山下先生(岡山大学)
 司会:谷口弘一(長崎大学、大会準備委員)

◎大会準備委員会企画②

ワークショップ:研究に役立つ統計の知識(仮題)
 「効果量以上…ベイズ未満」。もっと使われるべき心理測定学的な方法は…。統計を改革する! 研究者だけでなく臨床家、資金提供者から政策立案者等の皆さんまで、数学が苦手な人でも大丈夫。 わかりやすく解説いただきます。

 講師:土屋 政雄 先生(独立行政法人労働安全衛生総合研究所 研究員)
 司会:東條 光彦(岡山大学、大会準備委員)

 ページTOPへ

岡山の定番グルメ②/岡山ばらずし

 今回は、岡山のばらずしをご紹介します。江戸時代(えどじだい)、備前(びぜん)岡山藩主の池田光政は、ぜいたくをしないようにと「食事は一汁一菜(いちじゅういっさい)とする」というお触れを出したとされます。祭りの日など特別な日にごちそうを食べたい人々は、魚や野菜を目立たないようにすし飯にまぜ、「ばらずし」を考えたと言われています。一つひとつ味付けした具材を飯に混ぜ込んでいるのが特徴です。岡山にお越しの際は、是非、お試しください。

引用・参照
岡山県鮨商生活衛生同業組合 http://sushi-okayama.com
農林水産省 子どもの食育 
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/cuisine/cuisine5_2.html

 第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

7月20日掲載

大会準備委員会からのお知らせ/発表申し込み締め切り延長について

 一般研究発表、会員企画シンポジウム、発表論文集原稿の投稿の締め切りは、当初、7月20日(水)でしたが、7月28日(木)まで延期いたします。
 発表の申し込みを、心よりお待ちしています。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

 ページTOPへ

大会宿泊のご案内について

 健心岡山大会は、開催時期が秋の行楽シーズンと重なっております。是非、宿泊手配をお早めに。大会準備委員会ではJTB様を通じて手配できる環境を整えております。下記アドレスに添付しているご案内・申込書等をご覧いただき、ご活用ください。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/access.html

 ページTOPへ

懇親会企画のご紹介/うらじゃ踊り

 1994年にまちづくり、ひとづくり、幸せづくりのきっかけになればと始まった”うらじゃ”。今ではすっかり岡山の夏を代表するイベントとなりました。現在、某キー局女子アナウンサーとしてバラエティ番組を中心に活躍している倉敷出身の某アナウンサーも、学生時代はうらじゃで活躍されていたとか…。今回は、健心岡山大会懇親会で、特別にご披露する予定となっています。是非、お楽しみに。

 ページTOPへ

岡山の定番グルメ①/デミカツ・えびめし

 今回は、岡山のソウルフードをご紹介します。ひとつめはデミカツ丼。丼にご飯を盛ってデミグラスソースをかけ、その上に千切りしたキャベツを乗せ、さらにその上から揚げたての切り分けた豚カツ、デミグラスソースをふんだんにかけた丼です。
 ふたつめはえびめし。岡山のソウルフードとして今や定着しました。ご飯にエビなどの具を入れて炒め、ソース味に仕上げた見た目が真っ黒のインパクトのある焼き飯の一種です。
どちらも美味。是非、おためしください。

 第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

7月11日掲載

大会準備委員会からのお知らせ/発表申し込み締め切りの予告

 Webにて、申し込み受付中ですが、締め切りまでおよそ1か月となりました。一般研究発表、会員企画シンポジウム、発表論文集原稿の投稿の締め切りは、7月20日(水)となっております。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

 ページTOPへ

本明賞授賞式記念講演のご案内

 総会において本明賞の受賞者が発表されます。発表に引き続き、受賞者が受賞の対象となった研究について講演を行います。最も高く評価された原著論文が発表されますので,どうぞお楽しみに。

 ページTOPへ

ポスター発表賞について

 すでにお知らせしておりますとおり、本大会でも過去2大会に続き、大会発表賞を設けます。今大会では、主発表者で39歳以下の方が対象です。選考の具体的な手順等については近日中に大会HPにアップいたしますが、論文集原稿、ポスターデザイン、そしてもちろん研究内容のいずれもが評価の対象になるとお考えください。
 また、今大会の発表賞に関しては、受賞者に学会誌(第29巻より「Journal of Health Psychology Research」)への投稿が勧奨される仕組みを検討中です。実際に投稿された場合の査読上の優遇措置も、編集委員会においてお考えくださっています。若い、研究歴の浅い方にとって特にメリットになるよう企画しておりますので、皆様どうぞ励みにしていただければと思います。今大会でのご発表を、心よりお待ちしております。

 ページTOPへ

おかやま観光コンベンション協会様より「桃太郎飴」を無償提供について

 おかやま観光コンベンション協会様より、「桃太郎飴」を無償にて提供いただくことになりました。たいへん可愛らしい飴です。下の写真をご覧ください。


 ページTOPへ

岡山の魅力⑩/鬼ノ城

 鬼ノ城は、標高約400mの鬼城山山頂一帯に、高さ6mにも及ぶ土塁や石塁が約2.8kmにわたって巡らされた古代の山城で、昔話「ももたろう」の原形といわれる「温羅伝説」の地として知られています。要所には堅固な高い石垣を築いており、天然要害の地であることとあわせて圧倒的な迫力をもっています。城壁で囲まれた城内は比較的平坦で、約30ヘクタールと広大であり、食品貯蔵庫と考えられる礎石建物跡やのろし場、溜井(水汲み場)もあります。是非、訪れてみてください。

引用:
おかやま旅ネットhttp://www.okayama-kanko.jp
総社観光ナビhttp://www.city.soja.okayama.jp/shoukou_kanko/kanko/
soja_kanko_top_2016.html

第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

6月20日掲載

大会準備委員会からのお知らせ/発表申し込み締め切りの予告

 Webにて、申し込み受付中ですが、締め切りまでおよそ1か月となりました。一般研究発表、会員企画シンポジウム、発表論文集原稿の投稿の締め切りは、7月20日(水)となっております。
是非、お申し込みください。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

 ページTOPへ

ポスター発表賞について

 第1号通信で既報のとおり、大会関連企画として「ポスター発表賞」を設けます。今大会では「39歳以下」の主発表者を選考対象とさせていただきます。先生方のご研究内容を、是非、岡山の地でご発表ください。心よりお待ちしております。

 ページTOPへ

懇親会企画のご紹介/地酒コンテスト

 美味しい日本酒を造る条件に「美味しいお米」「美味しい水」「優れた技術」の3つが挙げられます。岡山には「雄町米」という酒造好適米の最高級品種が長く栽培され、雄町米で造られたお酒は、独特の優しさとまろやかさがあると言われています。水も豊富です。三大河川(吉井川・旭川・高梁川)があります。しっかりとした技術も継承されています。岡山には「備中杜氏」と呼ばれる集団が存在し、文化年間(1804-1814)には広く名を馳せ、古くから定評を得ていたようです。
 「晴れの国」と言われるほど天候にも恵まれた地である岡山で造られた地酒を、是非、堪能いただければとのことで、懇親会企画として地酒コンテストを開催予定です。お楽しみに!

参考:
岡山県酒造組合 http://www.okasake.com/study/kome.html

 ページTOPへ

岡山の魅力⑨/備中松山城・備中高松城

 今回は、岡山にあるお城のご紹介です。備中松山城と備中高松城を紹介いたします。
 備中松山城は、高梁市にある臥牛山(標高480m)の頂上付近に築かれ、国の重要文化財に指定されています。臥牛山は大松山(おおまつやま)、天神の丸(てんじんのまる)、小松山(こまつやま)、前山(まえやま)の4つの峰の総称とされています。全国に天守が残る城が12城あり備中松山城もその1つに数えられていますが、山城の形態をとるのは備中松山城のみということから「天守の残る唯一の山城」とされています。交通の要地であったことから戦国時代は激しい争奪戦が絶えず、目まぐるしく城主交代が繰り返されていたようです。関連ある人物として、「理財論」を記して備中松山藩の藩政改革を実践した陽明学者の山田方谷が高名です。
 一方、備中高松城は、天正10(1582)年、織田信長の命を受けた家臣の羽柴秀吉が毛利配下の清水宗治の守る備中高松城を攻略した戦い、高松城の水攻めで有名です。備前の国から備中松山に至る往来沿いの要衝の地にあり、現在は高松城趾公園(たかまつじょうしこうえん)と して、田園のなかにこんもりとした松の緑が映えた古戦場の名残がうかがえる地となっています。
 お時間ありましたら、訪問されてみてはいかがでしょうか。

引用:
高梁市HP
http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/shiro4240131.html
岡山市HP
http://www.city.okayama.jp/kitaku/takamatsu/takamatsu_s00023.html
第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

6月13日掲載

大会準備委員会からのお知らせ/ただいまWebにて発表申し込み受付中

 Web申し込み受付中です。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

 ページTOPへ

健康心理士会研修のお知らせ/「震災ストレスマネジメント教育の実践」について

 健康心理士会研修として、関西福祉科学大学心理科学部 山田冨美雄 先生による「震災ストレスマネジメント研修」を実施します。概要は下記の通りです。是非、ご参加いただければと思います。

【概要】
 大規模な自然災害は人々の生活を根底から覆します。地震国日本では、大規模地震や津波がしばしば襲います。阪神淡路や東日本大震災、そして今回の熊本震災。健康心理学の立場からは、震災直後のケアのみならず、余震が落ち着き普段の生活に戻る辺りから本格的に行う「心理教育的サポート」が、復旧・立ち直り支援に有効であると考えられます。
 健康心理士会主催研修では、災害後3ヶ月以降に行う震災ストレスマネジメント教育の詳細を披露し、現在計画中の熊本プロジェクトを支える学会員を対象とした研修を企画しています。
 熊本以外の地で震災ストレスマネジメント教育を行う意義は、熊本での取り組みの結果得られた知見と比較するという研究目的と、将来発生する地震への備えとしての「防災・減災教育」という側面にあります。是非、ご参加ください。

 ページTOPへ

岡山の魅力⑧/日生・牛窓・備前

 日本のエーゲ海「牛窓」。別荘地としても知られ、西日本最大級のヨットハーバーや瀬戸内海の島々と牛窓の町が一望できるオリーブ園があります。オリーブ園からの眺めは絶景スポットとして知られています。また、岡山といえば日本六古釜のひとつである備前焼。派手さはありませんが「使い込むほどに味が出る」焼物として知られています。金重陶陽、藤原啓・雄親子など、人間国宝も輩出しています。また備前市日生地区は牡蠣の一大産地。日生町漁協の魚市場は「五味の市」という愛称で知られています。近年ではご当地グルメ「カキオコ」でご存知の方もいらっしゃるかも しれませんね。
 是非、お時間ありましたら訪問されてみてはいかがでしょうか。

引用:
牛窓ヨットハーバー http://ushimado-yh.jp
牛窓オリーブ園 http://nippon-olive.info
備前焼陶友会 http://touyuukai.jp
日生町漁業協同組合 http://www.hinase.net/gominoiti.html

 ページTOPへ

5月20日掲載

大会準備委員会からのお知らせ/ただいまWebにて発表申し込み受付中

 Web申し込み受付中です。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

 ページTOPへ

大会準備委員会からのお知らせ/
会期前日プログラム ヤングヘルスサイコロジストの会によるシンポジウム「健康心理学の面白さ」のご案内

 第29回大会(岡山大会)では、ヤングヘルスサイコロジストの会による企画として「健康心理学の面白さ」を開催する予定です。ヤングヘルスサイコロジストの会は、健康心理学の研究や実践を志す、若手研究者の交流の場・機会づくりを目的として設立された会です。
 大学院生が中心となって、若手のシンポジウムを開きますので、年齢問わず自由にご参加ください。磯和壮太朗氏(大阪大学大学院)、稲垣和希氏(筑波大学大学院)、髙井真佐代氏(熊本健康・体力づくりセンター)、河村直彦氏(山口大学大学院)に話題提供をいただき、指定討論者は小沼佳代氏(早稲田大学大学院)、司会は安仁屋文香氏(琉球大学大学院)です。
お楽しみに。

 日本健康心理学会第29回大会プレセミナー チラシ[PDF]
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/download.html

 ページTOPへ

岡山の魅力⑦/美作三湯(湯原・湯郷・奥津温泉)

 美作三湯は、岡山県北にある湯原・湯郷・奥津温泉の3つの名湯からなる西日本有数の温泉地のことです。湯原温泉は、無料の混浴風呂「砂湯」で有名であり、全国露天風呂番付で西の横綱とされています。湯郷温泉は、別名「鷺の湯」とも呼ばれておりますが、近年は女子サッカーチーム「湯郷ベル」の本拠地として知られています。奥津温泉は、「足踏み洗濯」で有名です。それぞれに魅力いっぱいの温泉地です。岡山市から少々離れておりますが、時間がある際は、是非、足を運ばれてみてはと思います。

引用:
おかやま旅ネット http://www.okayama-kanko.jp/meitou-hitou/
第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

5月12日掲載

機関誌編集委員会からのお知らせ/「日本健康心理学会における利益相反と出版倫理(仮)」について

 第29回大会(岡山大会)では、編集委員会企画として「日本健康心理学会における利益相反と出版倫理(仮)」を開催する予定です。島井哲志先生(関西福祉科学大学)、佐藤寛先生(関西学院大学)に話題提供をいただき、指定討論者に岡安孝弘先生(明治大学)、司会は大森美香先生(お茶の水女子大学)の予定です。二重投稿に関する規程などの出版や、利益相反に関する守るべき倫理について紹介いたしますので、是非、お楽しみに。

 ページTOPへ

Web申し込み開始のご案内

 Web申し込みの受付を開始しましたので、ご案内いたします。
 http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/web.html

 ページTOPへ

岡山の魅力⑥/吉備津神社

 吉備津神社(岡山市)は、みなさまよくご存知の桃太郎のお話のもととも言われる温羅(うら)退治のお話が伝わる由緒ある大社です。大吉備津彦大神を主祭神としています。本殿の大きさは京都の八坂神社につぐ大きさがあり、また出雲大社の約2倍以上の広さがあるとされています。『比翼入母屋造』といい、全国で唯一の様式であることから、『吉備津造り』とも言われているそうです。本殿・拝殿は過去2回の火事により焼失したものの、現在の本殿・拝殿は、約600年前の室町時代、将軍足利義満の時代に、約25年の歳月をかけて再建されたとされ、以後、解体修理もなくその雄大な姿を現代に伝えております。国宝目録にも「吉備津神社本殿・拝殿」として数えられております。お時間あれば、是非、足を運んでいただき、ご覧になっていただければと思います。

引用:
吉備津神社 http://www.kibitujinja.com
第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

4月20日掲載

第29回大会 研究発表 Web申し込みに関する事前告知

 第29回大会(岡山大会)での研究発表(一般研究発表・会員企画シンポジウム)の受付は、5/9(月)より開始する予定となっております。是非、一人でも多くの皆様方に岡山の地へお越しいただき研究成果を発表いただきますよう、大会準備委員一同、心より願っております。

 ページTOPへ

岡山の魅力⑤/備中国分寺五重塔

 備中国分寺は、岡山県総社市にあります。もともとは聖武天皇が天平13(741)年に、仏教の力を借りて天災や飢饉から人々を守ろうと建立された寺院のひとつです。備中国分寺跡は、つくられた当時の礎石が多く残され、国の指定史跡になっています。また、その中に、およそ34mの高さがある五重塔がそびえ立っております。これは弘化元(1844年ごろに完成され、江戸時代後期の様式を残す代表的な塔であるとのことです。
是非総社地区にも足を運んでいただき、ご覧になっていただければと思います。

引用:
総社観光ナビ http://www.city.soja.okayama.jp/shoukou_kanko/kanko/
kannkou_bunnka/kankouti/kokubunji.html

第29回大会URL http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

4月11日掲載

1号通信が間もなく会員の皆さんへ送付されます!

 第29回大会(岡山大会)の1号通信が、会員の皆様に送付されます。4/18(月)に発送する予定となっております。
 是非、一人でも多くの皆様に、岡山の地へお越しいただきたいと大会準備委員一同、心より願っております。

第29回大会URL:http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

岡山の魅力④/瀬戸大橋・鷲羽山

 岡山県倉敷市児島。皆さんはこの地区が学生服の産地であり、ジーンズの聖地であることをご存じでしょうか。古くから干拓で米作に不向きな土地であったため、木綿が栽培され始めたことに始まるようです。実はこの児島についてあと二つほど、ご紹介したいと思います。この地区には岡山を代表する魅力が幾つか存在しています。
 一つめは、岡山県と香川県を結ぶ瀬戸大橋(岡山県側の窓口)の存在です。瀬戸大橋は着工からおよそ9年6か月の工期を経て、昭和63(1988)年4月10日に完成しました。今年で完成して28年になります。そもそもの架橋構想は、完成からさらに1世紀前に遡り、明治22(1889)年。当時、香川県議会議員であった大久保諶之丞(おおくぼじんのじょう)が、讃岐鉄道(丸亀ー多度津ー琴平線)の開通祝賀会で初めて提唱したことから構想が芽生えたと言われているようです。
 二つめは、鷲羽山。鷲羽山は昭和9(1934)年に雲仙天草国立公園、霧島屋久国立公園と共に日本初の国立公園として指定された瀬戸内海国立公園を代表する景観地の一つであります。鷲羽山は内海随一の眺望を持つと言われており、瀬戸大橋を一望することもできます。
 是非、倉敷児島地区にも足を運んでいただき、鷲羽山の大パノラマの感動を体験していただければと思います。

引用:
倉敷市公式観光サイト 倉敷観光WEB http://www.kurashiki-tabi.jp
本四高速HP 瀬戸大橋の歴史 http://www.jb-honshi.co.jp/seto-ohashi/

 ページTOPへ

3月24日掲載

大会準備委員会企画②(第29回大会準備委員会より)

[ワークショップ]研究に役立つ統計の知識(仮題)
 講師:土屋 政雄 先生(独立行政法人労働安全衛生総合研究所 研究員)
 司会:東條 光彦(岡山大学、大会準備委員)

「効果量以上…ベイズ未満」。もっと使われるべき心理測定学的な方法は…。統計を改革する!
研究者だけでなく臨床家、資金提供者から政策立案者等の皆さんまで。数学が苦手な人でも大丈夫。 わかりやすく解説いただきます。

いざ!岡山へ!!-岡山大会の魅力-:http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/okayama.html

※岡山県では、JR6社とタイアップして、2016年春「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」を行っています。

第29回大会URL:http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」PV

現在、岡山とJR6社がタイアップして、2016年春「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」を行っています。

そのプロモーションビデオが、とてつもなく素晴らしいです!

いずれも、準備委員会の「マイチャンネル」に登録しています。
以下のアドレスからご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCpNCPN1R3g3nbeLcWWalyjA

 ページTOPへ

3月3日掲載

日本健康心理学会第29回大会PRスライド

日本健康心理学会第29回大会PRスライド

 ページTOPへ

2月24日掲載

大会準備委員会企画①
ワークショップ:国際学会で発表しよう-若手のための英語によるプレゼンテーション入門-(仮題)

初めて国際学会で英語で発表しようと思う若手のために、要旨の作り方、効果的なポスター・スライドの作り方、当日の上手な説明の仕方などを学びます。岡山大学大学院で、国際学会での研究発表の方法を教える演習授業を担当している講師が、そのエッセンスを伝えます。
是非、お楽しみに!

講師:シミッチ・ミラ・山下先生(岡山大学)
司会:谷口弘一(長崎大学、大会準備委員)

第29回大会URL:http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/
いざ!岡山へ!!-岡山大会の魅力-:http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/okayama.html

 ページTOPへ

2月4日掲載

日本健康心理学会第29回大会(岡山)のご案内

2016年度の年次大会は岡山大学で開催されます。11月19日・20日という紅葉の美しい時期です。
大会テーマは「健康のグローカル・パースペクティブ」。
研究の発表と交流が活発に行われ、我々の平素の活動の充実・広がりを意識できる大会にできればと思います。
岡山大会のホームページが立ち上がりましたので、ご案内いたします。

第29回大会URL:http://jahp.wdc-jp.com/conf/29th/

 ページTOPへ

岡山の魅力①/和気・閑谷学校

2016年度の年次大会は岡山大学で開催されます。そこで、数回に分けて、岡山の魅力を紹介します。
みなさまは閑谷学校をご存知ですか。1670年、旧岡山藩直営でつくられた庶民教育のための学校です。
当時、武士の子弟が学ぶ学校は存在しておりましたが、現存する庶民を対象とした学校建築物としては世界最古のものと言われています。 JR山陽本線吉永駅からタクシーで10分。機会があれば是非、訪問してみてはいかがでしょうか。
(引用:特別史跡 旧閑谷学校HP)

特別史跡 旧閑谷学校:http://shizutani.jp/

 ページTOPへ

岡山の魅力②/岡山後楽園

今回は、後楽園をご紹介します。
後楽園は、今から約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政が藩主のやすらぎの場として作らせた庭園であり、現在では日本三名園のひとつとされています。
綱政時代には、藩主の居間延養亭(えんようてい)や園内に点在する建物の座敷から眺望を楽しむという要素の強い庭だったようですが、江戸時代の後楽園は許しがあれば領民も入ることができたそうです。
明治4年(1871)に「御後園」を「後楽園」と改称し、17年には名園保存を目的に池田家から岡山県に譲渡されました。
昭和9年(1934)の水害、20年の戦災に遭いましたが、江戸時代の絵図等をもとに復旧され、江戸時代の姿を大きく変えることなく受け継がれています。
大正11年に名勝に指定、昭和27年には文化財保護法による特別名勝に指定されています。
2016年度の年次大会は岡山大学で開催されます。
岡山市が運用している公共共用自転車『ももちゃり』をお使いになれば、会場から15分程度です。
是非、足を運んでみられてはいかがでしょうか。
(引用:岡山後楽園HP)

岡山後楽園:http://www.okayama-korakuen.jp
岡山コミュニティサイクル『ももちゃり』:http://momochari.jp/

 ページTOPへ

岡山の魅力③/倉敷美観地区と大原美術館

倉敷美観地区と呼ばれる倉敷川を中心とする一帯は、早くから干拓による田地の開発が進められ、1600年に備中国奉行領となり松山藩の玄関港として上方への物資の輸送中継地となりました。
1642年に代官所が置かれ天領となり、幕府の保護や周辺の豊かな産物を背景に物資の集積地として発展しました。
そして、現在ではその中心に大原美術館があります。
倉敷を基盤に幅広く活躍した事業家大原孫三郎が、親友である画家児島虎次郎を記念し、昭和5年に設立した日本最初の西洋美術中心の私立美術館です。
孫三郎は虎次郎の才能と美術に対する真摯な姿勢を高く評価していたとのことです。
虎次郎は制作に励むかたわら、孫三郎の同意のもと、ヨーロッパの美術作品を選ぶ作業に熱中し、エル・グレコ、ゴーギャン、モネ、マティス等、大原美術館の中核をなす作品を倉敷にもたらしました。
そして現在、日本人の心情に裏打ちされた独特の個性を発揮するユニークな民間総合美術館として世界に知られるようになったとのことです。
江戸の面影を残す白壁の町倉敷と大原美術館に、足をのばして見られてはいかがでしょうか。
(引用:大原美術館HP)

倉敷美観地区:https://www.okayama-japan.jp/spot/886
大原美術館:http://www.ohara.or.jp/201001/jp/index.html

 ページTOPへ

特別講演情報

自分の立脚する地域(ローカル)と海外の特定の人や場所(ローカル)が直接つながれば、点と点の関係で身近かつグローバルな関わりが育まれていきます。
今回、このことを体現されているAMDA(Association of Medical Doctors of Asia:本部 岡山市)の方にお越しいただき、特別講演を開催します。是非、お楽しみに!

【AMDAとは?】
1984年に「多様性の共存」の実現をめざし、菅波茂医師により設立された民間団体です。
2006年、国連経済社会理事会から日本のNPOとして初の「総合協議資格」を得ました。
67の国と地域で170件を超える事業を実践し、多様性の共存実現のために最も大切なコンセプト、「相互扶助」の精神を活動の軸に、世界で活動しています。

AMDA:http://amda.or.jp/gpsp.html

 ページTOPへ