一般社団法人日本健康心理学会 第30回記念大会

内容

<学会および大会準備委員会による企画>

1.総会(正会員,準会員のみ対象)

 大会2日目の9月3日(日)のお昼に開催します。優秀な論文に贈られる「本明賞」の表彰式と受賞者による講演も行われます。

2.一般公開講演

 9月2日(土)(大会1日目)の12:30〜14:00に開催します。
会員でない方も無料で参加できます。

〇理事長基調講演
 健康心理学のプレゼンスを高める実践と研究

司会者:
岡安 孝弘(明治大学文学部)
講 師:
竹中 晃二(早稲田大学人間科学学術院)

〇特別講演
 発達障害当事者の心を支え育むために私たちのなすべきことは何か

司会者:
岡安 孝弘(明治大学文学部)
講 師:
齊藤 万比古(恩賜財団母子愛育会愛育研究所児童福祉・精神保健研究部部長,愛育相談所所長)

3.ワークショップ

〇大会準備委員企画ワークショップ(1)9月2日(土)14:20~15:50
 統計的仮説検定一辺倒から効果量の利用へ

講 師:
井上 俊哉(東京家政大学人文学部)

〇大会準備委員企画ワークショップ(2)9月3日(日)9:30~11:00
 健康ブランディングによるカラダとココロの健康づくり

講 師:
竹中 晃二(早稲田大学人間科学学術院)

4.シンポジウム

〇広報委員会企画一般公開シンポジウム
リスクの高い子どもたちへのアプローチ

〇準備委員会企画シンポジウム(1)
インターネットをめぐる問題と心の健康 ―ネット依存の予防と治療―

〇準備委員会企画シンポジウム(2)
東日本大震災から6年,福島の今とこれから ―親と子の健康のために何ができるか―

〇機関誌編集委員会シンポジウム
日本健康心理学会における利益相反と出版倫理(2)
―学会会員間の考え方の共有を目指して―

〇国際委員会企画シンポジウム
Recent Advances: Cross-cultural Adaptation and Well-being
(presented and discussed in English)

〇記念出版委員会企画シンポジウム
医療・保健領域における健康心理学が果たすべき役割

〇研究推進委員会企画講演
メンタルヘルスの理解と保持増進に寄与する脳科学

5.認定健康心理士総会ならびに健康心理学研修会

 認定健康心理士のための企画です。詳細はこちら

6.懇親会

 9月2日(土)(大会1日目)17:30より,リバティータワー23階の岸本辰雄・宮城浩蔵ホールにおいて懇親会を開催いたします。多数の方々のご参加をお待ちいたしております。なお,当日の参加も受け付けます。

<会員による発表>

1.一般研究発表

 ポスター発表形式で行います。「大会論文集(CD)への論文掲載」と「当日のポスター発表」の2つを満たすことが公式発表の要件となります。

2.会員企画シンポジウム

 会員の自主企画によるシンポジウムで,以下の4題を予定しています。

〇「うつ・不安予防のための心と脳の健康づくりの試みを,環境健康科学,脳科学,認知行動科学の観点から議論する」

〇「ギャンブル障害に対する心理学的アプローチの展開 ―IR推進法に伴うカジノ設置に向けて― 」

〇「高齢化社会における役割観と健康」

〇「集団の特徴を踏まえたストレスマネジメントの実践の工夫」

<大会関連企画>

1.ポスター発表賞

 筆頭発表者が39歳以下の優れたポスター発表に対して,学会役員および編集委員の投票により優秀発表賞を授与します。結果は後日,大会HPおよび学会HPにおいて発表します。

2.大会前日プレ企画 <ヤングヘルスサイコロジストの会>

 大会前日に,下記のように有志による「ヤングヘルスサイコロジストの会」が開催されます。会員企画シンポジウムと同様の自主企画で,参加に年齢制限はなく,参加費は無料です。なお,ヤングヘルスサイコロジストの会と9月3日(日)に開催される総会の両方に参加される方への特典として,総会会場において昼食のお弁当を無料で配布いたします。奮ってご参加ください。

ご参加には今年から事前登録が必要となります。ご注意ください。

【事前登録方法】
下記よりWEB上でのお申込みをお願い致します。
お申し込み先URL:https://goo.gl/forms/kbat7Zcbpl08vGww1
【事前登録締切日】
2017年8月11日(金)
日 時:
2017年9月1日(金)17:00~19:00
会 場:
明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階 309E
テーマ:
「Well-beingと健康心理学」
企画者:
ヤングヘルスサイコロジストの会
司会者:
稲垣 和希(筑波大学大学院 人間総合科学研究科)
話題提供者:
森下 久美(桜美林大学大学院 老年学研究科)
話題提供者:
鉃川 大健(岡山大学大学院 社会文化科学研究科)
話題提供者:
阪田 俊輔(九州大学大学院 人間環境学研究院)
話題提供者:
齊藤 和貴(明治大学 文学部)
指定討論者:
喜屋武 享(琉球大学大学院 保健学研究科)

第30回大会告知ポスター

3.2017年度日本健康心理学会アーリーキャリアヘルスサイコロジスト賞授与式

 2017年度日本健康心理学会アーリーキャリアヘルスサイコロジスト賞を下記の3名の先生方が受賞されました。つきましては,日本健康心理学会第30回記念大会の会員集会(9月3日(日)12:30~14:00)におきまして,授与式を行います。また,受賞対象の業績をポスター会場にて掲示いたします。授賞式およびポスター会場ともに,多くの会員の皆様に足をお運びいただければ幸いです。

【受賞者と対象業績】

前田駿太氏(早稲田大学大学院)
Shunta Maeda & Hironori Shimada Post-event rumination and impaired cortisol recovery following social-evaluative stressors in social anxiety. 31st conference of EHPS. Padova(or Padua) in Italy. (poster)
八田直紀氏(国際基督教大学大学院)
Social Justice and Well-being in Hidden Communities around the World: Conceptual and Methodological Issues. Toshi Sasao (International Christian University, Japan), Manuel Garcia-Ramirez (University de Seville, Spain)
Presenters:
Manuel Garcia-Ramirez
Mieko Yoshihama
Toshi Sasao
Naoki Hatta
Discussant:
Yolanda Suarez-Balcazar (University of Illinois at Chicago)
(symposium)
小國龍治氏(関西学院大学大学院)
Ryuji Oguni & Keiko Otake Relation among character strengths, positive empathy, and subjective happiness. 31st conference of EHPS. Padova(or Padua) in Italy. (poster)