『Journal of Health Psychology Research』誌について

日本健康心理学会では、これまで『The Japanese Journal of Health Psychology 健康心理学研究』誌を、国内の健康心理学に関する研究成果発表の場として1988年に創刊して以降、毎年6月と12月を目安として年2号の刊行を行ってきました。また、国内の健康心理学に関する英文による研究成果発表の場として、『JAPANESE HEALTH PSYCHOLOGY』誌を1992年に創刊して以降、原則として年1号の発行を続けてきましたが、2006年7月に発行されたNo.13をもって独立した機関誌としての発刊を中止し、『The Japanese Journal of Health Psychology 健康心理学研究』への合本がなされました。
そして、このたび国際化の波を踏まえた数年間の議論を経まして、機関誌の正式名称を2016年度発行予定の第29巻から『Journal of Health Psychology Research』と改称することになりました。
機関誌は英文名称になりますが、これまでと同様に、和文論文,英文論文の投稿が可能になっており、機関誌編集委員会による審査を通過した原著論文、資料論文、事例研究、展望論文、研究報告論文を掲載していきます。会員の皆さまの健康心理学に関する研究成果発表の場として、ご活用いただきたいと考えております。
なお、原則として、1号は電子媒体のみ,2号は電子媒体と1号と2号の合冊紙媒体,増刊号は電子媒体のみの刊行となっております(J-STAGE)。
また、電子媒体に関しては、刊行後1年間は、会員のみが閲覧可能(ID、パスワードが必要)となっております。
(当面は、移行期間として、従前の規程等を準用します。)

J-STAGE『Journal of Health Psychology Research』(旧:The Japanese Journal of Health Psychology 健康心理学研究)

(早期公開を閲読する際のJ-STAGEの購読者番号およびパスワードは会員専用ページで確認できます)


投稿の手引き

 日本健康心理学会機関誌編集委員会では、正会員の皆様からの論文投稿を随時受け付けております。
 ご投稿の際には、執筆規定をご熟読の上、ご提出くださいますようお願い申し上げます。規定に則っていない原稿の場合、お送りいただいた投稿論文を受付できない場合がございます。

電子投稿システムが稼働しております。こちらからご投稿ください。
執筆規定
執筆規程(PDF版)
Submission Guidelines(PDF)
『2015年改訂版 執筆・投稿の手びき』(日本心理学会発行)
電子投稿についての補足(PDF)
電子投稿マニュアル(PDF)

お問い合わせ先
日本健康心理学会機関誌編集事務局
jahp-edit@bunken.co.jp


英論文募集について(英文翻訳助成金)

日本健康心理学会編集委員会では、一昨年度より引き続き、機関誌「健康心理学研究」(Vol.29より,Journal of Health Psychology Researchに改称)へ掲載される英論文に、英文翻訳助成金を支給することになりました。

補助金:2018年3月9日(金)までに受理された【原著】英論文
    1論文につき、50,000円
    6論文まで、多数の場合は受理順

投稿方法:学会HP電子投稿システムより、通常の投稿論文と同様に投稿してください。


■機関誌等の著作権規程について
“一般社団法人日本健康心理学会著作権関連規程”を制定いたしました。
機関誌、大会論文集、ニュースレターに掲載される論文等の著作権は学会に帰属するとしています。 今後、機関誌等に掲載される論文等はもちろん、過去に掲載されたものについても適用されます。 異議申立のある方は、機関誌編集事務局まで文書にてご連絡ください。

資料:一般社団法人日本健康心理学会著作権関連規程

[お問合せ]
日本健康心理学会機関誌編集事務局:jahp-edit@bunken.co.jp

Copyright (c) 2013 The Japanese Association of Health Psychology All Rights Reserved.