今後の開催予定

第109回健康心理学研修会


日時:
2017年10月22日(日)9:30〜11:00
場所:
関西福祉科学大学、大学2号館
〒582-0026 大阪府柏原市旭ヶ丘3-11-1、
http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/profile/access.html
テーマ:
研究倫理とは何か―研究不正と研究規制―
講師:
粟屋 剛(岡山大学名誉教授、岡山商科大学法学部教授 法学部長・大学院法学研究科長)
概要
あのガリレイやニュートンやダーウィンも研究不正を行っていたというから、その病根は深い。医学研究、広く科学研究、さらに広く研究一般に関する倫理的、法的、社会的問題は、ナチスドイツ医師団による人体実験や大日本帝国陸軍731部隊による人体実験などのような歴史的な殺人的人体実験から、上記のような歴史的研究不正事件ひいては最近のSTAP細胞(小保方)事件やディオバン(ノバルティス)事件などのような我が国の研究者間(一部であれ)に蔓延する研究不正事件まで、実に幅広い。本報告ではとくに後者の研究不正ひいては研究規制の問題につき、基礎的事項を含めて、概説する。具体的には、以下の(1)から(12)までの各項目について、適宜、研究の現場で役に立つ実例等を紹介しつつ、わかりやすく解説する。
(1)法と倫理はどう違うのか
(2)研究倫理と生命倫理はどう違うのか
(3)真の倫理と見せかけの倫理はどう対立するか (5)研究を正当化するものは何か
(6)なぜ研究に対する風当たりが強くなってきたのか
(7)これまでにどのような研究不正が行われてきたか
(8)なぜ研究不正はなくならないのか
(9)研究規制の現状はどうなっているか
(10)倫理と倫理指針はどう違うのか
(11)倫理委員会とは何をするところか
(12)利益相反とは何か


第110回健康心理学研修会


日時:
2017年10月22日(日)11:10〜12:40
場所:
関西福祉科学大学、大学2号館
〒582-0026 大阪府柏原市旭ヶ丘3-11-1、
http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/profile/access.html
テーマ:
ストレスマネジメントに生かすコーチング心理学入門
講師:
西垣 悦代(関西医科大学医学部心理学教室 教授)
日本コーチ協会認定メディカルコーチ、生涯学習開発財団認定コーチ、Certificate for Coaching (Centre forCoaching, UK)
概要
コーチング(Coaching)とは、「個人の潜在能力を開放し、その人自身の能力を最大限に高めること」(Whitmore,J.)と定義されます。コーチング心理学は心理学の理論的枠組みと実証研究に基づく、個人、集団、組織の活動能力と幸福(well-being)を高めるためのコーチングです。
本ワークショップでは、主に初心者を対象にコーチングの特徴や歴史的背景について簡単に紹介し、行動コーチングと認知行動コーチングを体験的に学んでいただく予定です。コーチングに関する予備知識や経験は必要ありませんが、ワークショップの時間は限られていますので、西垣他編著「コーチング心理学概論」1章2章に目を通した上で参加していただければより理解が深まるでしょう。
日本のコーチングはビジネス界を中心に人材育成の手法として広まりましたが、英米豪および韓国などでは心理学の専門家が積極的に関与しており、学術団体としても各国の心理学会の一部門に昇格しています。日本では、医療界や教育界でコーチングの活用が活発化しているものの、心理学の専門家の関与はまだ少ないので、対人援助の専門家としての活躍と貢献の場が広がることが期待されています。
参考図書:西垣悦代・堀正・原口佳典編著「コーチング心理学概論」(ナカニシヤ出版、2015)


お申込み

方法
受講希望者は、必要事項をご明記の上 E-mailにてお申込みされるか、或いは参加申込書に必要事項をご記入の上 E-mail、FAX 、 または郵送にてお申込みください。受講申込受付後に受講料のお支払方法をお知らせ致します。

「第109,110回研修会」申込書
研修会参加申込書(PDF版)
研修会参加申込書(Word版)

お送り先

FAX: 03-3368-2822

E-Mail:jahp-shikaku@bunken.co.jp



受講料

 第109,110回研修会の受講料やポイントの詳細は,こちらをご覧ください.

Copyright (c) 2013 The Japanese Association of Health Psychology All Rights Reserved.